☆保夫のブログ★

 

ブログ掲載

ブログ掲載
フォーム
 
棟瓦葺き替え
2022-01-27
別荘に使っている、林の中にある一軒家の、屋根の棟に草が生えて来たので抜いて欲しいとの
オーナーさんからの依頼で瓦屋さんと現場を確認しました。草だけでなく木の根も入っている為、
棟瓦を葺き替えないとダメだとの助言を受けて、今日から葺き替え作業入りました。見た目は
きれいな棟瓦ですが...。梯子を掛けて準備をしました。棟瓦を外すと草の根っこが見えてきました。
瓦を留めている漆喰も外れて来ています。幸い平屋の家ですので登り下りはその内、楽ですが!。
 
解体手配
2022-01-25
解体して更地引き渡しの条件を付けていた中古住宅に購入申込が入りました。取り敢えず解体の準備です。
電気の外部配線、NTTの配線、ケーブルテレビの配線など3本の空中線の撤去、ガス給湯器の撤去、ガス配管の
埋設手続き、エアコンの撤去、解体中の仮設水道の申請など解体に入る前に行うことが色々あります。今日から
手配に入りました。
 
型枠撤去
2022-01-24
今日は、型枠撤去です。明日と2日掛けて基礎の仕上げをします。25日、エコキュート台と玄関廻りの
土間コンクリートを打設して基礎工事は完了します。12月26日からスタートして丁度1ヶ月になります。
2人で土、日も休みなくお疲れ様です。この2人と同じ仕事が出来る職人さんは、もう、出ないだろうと
思うほど配筋の組み立ては、ピカ一です。他の現場は工場で組立て運んで来ますが。
 
生コン打設 NO2
2022-01-21
黄色のプラスチックで止めている金物は、ホールダウン金物です。基礎の配筋に緊結して土台と柱まで
金物で繋ぎます。地震の揺れで柱が引き抜かれない様にする為の重要な金物です。次は生コンを打設した所
です。ホールダウン金物と、並んでいる小さな金物はアンカーボルトです。土台と基礎を緊結する為の
金物です。白く見えるのは断熱材です。コンクリートを通して床下に入って来る、冷気や熱気を、この断熱材
で遮断します。東南の角は深基礎になっています。高さは、1500ミリ位はあると思います。駐車場の奥行を建物
いっぱいまで取ろうとしたら、こんなになりました。
 
生コン打設 NO1
2022-01-21
F邸の型枠が組み終わりました。今日は、基礎立ち上がりの生コンを打設します。ポンプ車と
ミキサー車が到着しました。東北の角からコンクリートを打ち始めました。基礎幅は150ミリ
断熱材は100ミリ、型枠の厚みは250ミリあります。型枠が生コンで押し開かない様にセパレート
金物で留めています。基礎の高さは450ミリです。
 

ブログ

ブログ
フォーム
 
ブログやります
2019-12-18
こんにちは。三浦です。
2019年12月18日スタートで、ブログを始めます!
不動産や建物に携わる日々の活動を綴っていきたと
思います。
長く続けられるかわかりませんが、毎日少しずつ
ブログを更新していきたいと思います。
<<株式会社 三浦不動産>> 〒518-0481 三重県名張市百合が丘西1番町146番地 TEL:0595-61-0021 FAX:0595-61-0025